降圧剤であるアダラートの服用を検討している方のためのサイトです。高血圧を治療する医薬品であるアダラートの効果・副作用・作用機序について学んでみましょう。きっと役立つ情報が満載のはずですのでご活用くださいませ。

病院にて処方されるアダラートと風邪薬などの併用

高血圧症は自覚症状がない場合が多く気づかないうちに病状が悪化しているケースや重大な病気になり発見されることがあります。
また風邪などで病院で受診した際に発覚することもあります。
そのため、定期的な検査や飲酒や喫煙を控えるなど生活習慣の見直しもとても重要です。

高血圧症の場合に病院にて医師から処方されるお薬としてアダラートというカルシウム阻害剤が処方されることがあります。
このアダラートは日本でも古くから使用されているお薬で、血管内でカルシウムが吸収されるのを防ぐ効果があります。
服用方法については高血圧症の治療目的の場合には1日1回服用し、狭心症の場合にはその2倍程度の量を服用する必要があります。
また、他のお薬と併用する場合には併用可能なお薬と服用量を調整しないといけない場合など服用方法が異なってきます。
風邪薬の中にも高血圧患者が服用できないものなど表示されているものもありますので、風邪薬くらいなら平気と確認をせず安易に高血圧剤と風邪薬を併用せず必ず医師の指導のもと服用ルールを守り服用しましょう。

その他にアダラートを服用する際に注意しなければならないのがグレープフルーツやグレープフルーツジュースなどがあります。
これは血中濃度が上昇し副作用が起こりやすくなりますので、お薬を服用中の方は十分注意しなければなりません。
高血圧治療薬の服用に関しては、飲み続ける必要があるため治療費がとても高額になります。
そのため安価で購入が可能なネット通販サイトなどを利用してお薬を個人輸入される方も大勢いらっしゃいますが、薬の服用を開始したばかりの方はすぐには利用せず、病院にてお薬の処方を受けながら薬の効果や副作用についてしっかり理解した上で利用を開始することをおすすめします。