降圧剤であるアダラートの服用を検討している方のためのサイトです。高血圧を治療する医薬品であるアダラートの効果・副作用・作用機序について学んでみましょう。きっと役立つ情報が満載のはずですのでご活用くださいませ。

アダラート服用中のグレープフルーツ摂取と白衣症

黄色のカプセル

アダラートは高血圧の抑制に効果がある血圧降下剤です。
高血圧には2種類あります。
体内で血圧を上げる原因が別の疾患がありそれが影響して血圧を高めている場合にはまず原因になっている疾患の治療が優先して行われます。
原因がハッキリせずに血圧が上がってしまう場合を本態高血圧といい、まずは日常生活の改善から治療は始められます。
摂取塩分が多すぎると水分を摂って塩分濃度を下げようとする為に血管内の血液量が増え高血圧になる場合には塩分制限が指導されます。
それでも血圧が充分に下がらない場合には薬による治療が行われます。
血圧を下げる降圧剤の中でカルシウム拮抗剤がありますが、アダラートはこの一種で長年使用されており安全性の高い降圧剤として知られています。

アダラートを服用したところ血圧が下がり過ぎる事がある場合には注意が必要です。
高血圧の中には健康診断時に測定すると高い結果の出るタイプがいます。
これを白衣症もしくは白衣高血圧と言い、病院の白衣を見ただけで緊張して血圧が上がる人を指します。
人間の血圧は緊張したり興奮すると上昇してしまいますが、日常は平常血圧の為白衣症の人が降圧剤を服用すると血圧が下がり過ぎてしまいます。

また服用中にグレープフルーツを飲用すると本来代謝される成分濃度が強くなり血圧が過度に下がる事があります。
白衣症かどうかは日頃から血圧を測る事が大切で、その結果を医師に相談する事が必要です。
また、日頃からグレープフルーツを食べていた人やグレープフルーツジュースを飲んでいた人も血中に成分が残っていると血圧が急激に下がる危険があります。
また、血圧が突然低くなった場合にも医療機関を受診する事が望ましいでしょう。