降圧剤であるアダラートの服用を検討している方のためのサイトです。高血圧を治療する医薬品であるアダラートの効果・副作用・作用機序について学んでみましょう。きっと役立つ情報が満載のはずですのでご活用くださいませ。

アダラートにも種類が分かれている

色々な薬

高血圧の治療において重要となるのが血圧のコントロールであり、本態性高血圧であっても二次性高血圧であっても、その根本治療が達成されるまでの間は血圧を目標値にまで低下させておくことが大切になります。
そうすることによって血管や心臓などの臓器負担を軽減することができ、動脈硬化や心不全などの合併症を伴うリスクを下げることができるからです。
そのため、高血圧の治療においては降圧剤を使用するということが古くから行われてきており、現在でも標準的な治療法として行われています。

その際に用いられる降圧剤として頻用されているものの一つがアダラートです。
アダラートはカルシウム拮抗薬として知られる降圧剤であり、市場に登場した当初は使いづらい降圧剤という印象を受けていました。
作用が強いものの、短時間しか作用しないために高血圧患者の血圧を長時間にわたって安定させるのが難しかったからです。
そのため、剤形の工夫によってこの問題の克服が行われてきたという歴史があり、アダラートは効果の持続性によって種類が分かれています。
最も初期に登場したアダラート錠に加えて、持続性が長いL錠が開発され、さらに効果が持続するCR錠が開発されて市場に登場しました。

現在では一日に一回の服用で効果的に血圧を安定させることができるCR錠が最も頻用されているものの、状況に応じて使い分けができるようにどの製剤も市場に残っています。
こういった種類の違いがあることはアダラートを使用する上では認識しておかなければならないことです。
特に個人輸入によって手配する際には剤形を間違えてしまうことによって降圧効果がまるでことなる種類のものを使用することになり、血圧のコントロールに支障が生じたり、副作用が発生したりするリスクができてしまうからです。