降圧剤であるアダラートの服用を検討している方のためのサイトです。高血圧を治療する医薬品であるアダラートの効果・副作用・作用機序について学んでみましょう。きっと役立つ情報が満載のはずですのでご活用くださいませ。

アダラートとグレープフルーツジュースは併用禁忌

アダラートとは、血管を広げて血圧を下げる降圧剤です。
この薬は錠剤とカプセル剤があります。
アダラートを服用する際、お水か白湯がいいです。
日本人にはあまりなじみが薄いグレープフルーツジュースといっしょに服用すると、アダラートの効果がですぎて、めまいやふうらつきに襲われることがありますので、グレープフルーツジュースで服用しないようにしましょう。
ただし同じ柑橘類のみかんやオレンジジュースとの服用は問題ないです。
アメリカでは朝食時にグレープフルーツジュースをよく飲まれるため、このような問題が発生したという経緯があります。

白衣を着た医師が目の前で血圧を測定してくれると、緊張して血圧の上がることがあります。
これを白衣症候群としいます。
ですから多くの医療機関では、血圧測定を行う場合、受付に据えてある血圧計を自分で測定したり、看護師さんが測定してくれたりします。
これは白衣症候群をさけるといった理由からです。
少しでも緊張したりすると血圧が上がりますので、白衣症候群は血圧の正確な値を邪魔してしまいます。
白衣を着た医師ばかりではく、病院といった環境の違いでも血圧はあがりますので、1日2回自宅で測定したほうがいいです。
そのときにはメモをしておきましょう。
メモしたものを診察時に先生へ提出ると、血圧の動きが手に取ってわかり易いので、ものすごく参考になります。
塩分の摂りすぎでも血圧が上がりやすいので塩分摂取量には留意しておく必要があります。

年を重ねるごとに、ほとんどの人は血圧が上ってきます。
正常値を保つには、日ごろから食事や運動療法に努めていきましょう。
また極度のストレスが続くと、交感神経が興奮状態になり、血圧が上がりやすくなります。