降圧剤であるアダラートの服用を検討している方のためのサイトです。高血圧を治療する医薬品であるアダラートの効果・副作用・作用機序について学んでみましょう。きっと役立つ情報が満載のはずですのでご活用くださいませ。

更新履歴
血圧を測定される人

アダラートの作用とは一体どのようなものでしょうか。
高血圧は様々な要因によって起こり、血液を流そうとすることで圧がかかった状態です。
例えば血液が凝固してドロドロとなっている場合は、血液の巡りが悪くなるため心臓が圧力を上げて押し流そうとします。
こうして、少しずつ血管に負担がかかるようになると、ボロボロな状態となり、何れ破けたり何処かで詰まる原因ともなります。
また、血液の流れが悪いと体の様々な臓器や細胞に栄養などが運ばれなくなり、狭心症などの胸の痛みを感じるようになります。
こうした高血圧や狭心症の治療のために使用されるのがアダラートで、ニフェジピンを有効成分にしたカルシウム拮抗薬に分類され、血管を広げることで血の巡りを良くして血圧を低下させます。

カルシウムは骨の成分として有名ですが、血液内では血管の拡張や収縮に関与している成分です。
血管平滑筋の細胞内では電位依存性のカルシウムチャネルがあり、細胞外からカルシウムが流入すると血管が収縮することから血圧が上昇するようになります。
実際にはもっと複雑な作用がありますが、カルシウムの流入を防ぐことで血管が収縮するのを防ぐことができるため、アダラートによってカルシウムが細胞内に侵入するのを防ぎます。
カルシウムの流入量が減ることで、血管の収縮が抑えられるだけでなく拡張されることから、血圧が徐々に低下するようになります。

ニフェジピンは特に心臓に栄養を送る血管となる冠動脈に対して高い選択性を示すことから、狭心症に効果的な治療薬となります。
アダラートを初めて使った人や、使い始めの頃は血液の流れが非常に良くなるため、頭痛やめまい、動悸といった初期症状が起こりやすくなっています。
副作用とも言われますが、薬効による作用なので特に気にする必要はありません。